スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Toruru's Adventure PES NEXT GENERATION




「Toruru's Adventure PES NEXT GENERATION」という作品をご存じだろうか?
自分が知ったのは、アニメジャパンという今年の3月頃に行われたイベントだった。
アニメ制作会社や、配給会社、玩具メーカー等アニメにかかわる企業が出展し、商品を売ったり、展示や体験コーナーを設けるという趣旨のイベントだ。
そこにSTUDIO4℃が出展していてこのチラシを配っていた。

普段何しているかよくわからない会社だが、こんなアニメを作っていたのか、と驚いたものだが、このオムニバス作品の制作陣もまた自分を驚かせてくれた。












田中達之





山本沙代





仁保知行





なかむらたかし





メンバーが凄い。
どの人も個性が強く、個人作家のようなイメージさえある人たちばかり。


 この人たちが監督した作品を是非見てみたい!そう思ったのだが、この上映の日程がアニメジャパン当日のちょうど一週間後からで自分はとても参加できるような状態じゃなかった。当然見に行けなかったのだが、「でも、まぁここまでの人が集まっているのであればどこからか情報は出てくるだろうし、PVくらい、BDの発売日くらいはわかるだろう」と思っていた。

 ところがいざ数か月たってみて、調べてみると何も情報がない。
 そもそも4℃の会社のホームページはあまり更新されないし、公式ツイッターもあまり機能していない。実際にはツイッターでPVを公開はしていたようなのだが、今はもう見れない…。
 
 アニメーターさんが以前4℃の海外向けPVに参加した時のことを聞いたことがあるのだが、「原画参加はしたがどういう内容のものかわからなかったし結局白箱(完成映像の入ったDVDのこと)も貰えなかったし、公開もされていない。今では自分が何の作品をやったかわからない」というのである。そのPVの演出をやった人にも話を聞いたらしいのだがその演出も作品の概要を知らないらしい…。
 海外に向けたものが多いからか、国内での公開が消極的な傾向があるようだ。
 
 作画wikiの各人の作品参加欄にもこの作品に参加した経歴は一切書かれていない。
 なぜこれほど期待を煽るような作品が周知されていないのか。
 この4℃の商売っ気のなさはなんなのか。
 
 謎は深まるばかりである…。

 沙代さんと仁保さんのやつがすごく見たい。キャラデザからして期待値高まる。

 いつでもいいのでこの作品が見れるリンクとかあったら教えてください。PVでもいいです。
 海外でメインに公開してそうなので海外リンクとかならあるのかもしれない。

 自分の検索力が低いだけだと思いたい。
 
 情報求ム!よろしくお願いします。


 おわり。
スポンサーサイト

スぺダン2試写会に行った

はぁ。
ものすごく久しぶり。

てっきり2ヶ月ちょっと更新してなかったくらいかと思ってたけど前が2月なので4ヶ月ですね。
更新する内容もなかったししょうがないか。
映画の感想とか書きたかったけどそんな余裕もなかったし。

今回はスペースダンディの2クール目先行試写会に行ってきました。
女子率高めでした。
この中の何割があの内容を見てBD買ってるのかな?とか考えるとなんかアツいよね。

上映した話数は14話、16話、?話でした。
スぺダンってオムニバス形式の話の作り方だからどこから作り始めてもいいわけで、おそらく作業入った順に作業してるはず。コンテ上がった順とかかな。
16話は今年の初めにはもうできてたんじゃないのかな。
湯浅さんはピンポンの制作もあったわけだし。

なのでもしかしたら15話はまだできてないのかもしれないですね。

14話、浅野さん、亀田さん、中村豊さん、道解さんとかが宇宙人デザインやってた!たぶん。
浅野さんのデザインわかりやすすぎw
「地獄でなぜ悪い」のPV、新人アニメーター寮の絵とかとそのまんまだったw
PVにも出てますね。







内容は見てのお楽しみだけど、出てくるキャラが最初にコンペした時の「ダンディ」「ミャウ」「QT」の3人のキャラ設定使い回しってのが面白いw
キャラコンペした時に亀田さん中村さんとかがキャラデザ候補にいたってことかな?
見た感じ伊藤さんでよかった感しかない。






亀田さんのデザインのダンディ達はもうなにがなんだか、という感じで、たぶん各デザイナーが2体ずつデザインしてると思うんだけど、やけに少年ぽいキャラとか(ミャウとQTはタツノコキャラっぽかった)トラックに乗ってるおっさんぽいダンディとかは亀田さんデザインに見えた。後ろに乗ってるミャウがバースの金田さんリスペクト過ぎて笑った。
ていうかまんますぎるw







こう見るとそんなに似てないのかな…?



ほんと意味の分からないキャラしかいなくて素晴らしかったです。
前半の金田アクションとか誰なんだろ?
デザインに目が行ってしまって誰が原画にいたか見忘れてしまった。
デジタルで描いてるであろうカットは久貝さんかな。
ちょっといたかどうかのクレジットは見れてないっす。。。

あとバヒさんはわかりやすい。いろんな惑星行ってる最中に1話みたいなアクションでダンディが逃げてるところがあったのですぐわかる。

14話バカバカしくてネタも多いのですごく面白いです!来週日曜放送!



16話!
もういろんなところで普通にささやかれている湯浅さん回!!
もうね。素晴らしい、のひとことです。
今までで1番か2番くらいに良い!!!
湯浅さん独特のダークファンタジーなところやSF観が根幹にあって、なおかついつものような湯浅さん特有のギャグとかも入ってて、最後はダンディとしてのオチがちゃんとある!!
ものすごい濃度です。

カイバにすごく近い。
こういう惑星があって、こういう種族がいて、でもやっぱり少し暗くて悲しい話にダンディ達がバタバタ走り回って関わるって感じの話なんだけどね。作画の振り分けも素晴らしいのですよ。
脚本、コンテ、演出、作監、を全部やっているだけあって、湯浅さんのパースですべてができてるし、手を入れてないところは全く入れてない。






↓最初の辺り誰なんだろう?






この話数のメンツが、ピンポンでメインで入ってた村上さん、鈴木さん等もいれば、三原三千夫さん、大平晋也さん、青山浩行さんもいました。
 とりあえず一発でわかるのが大平さん。

せ5yせいぇ5っs
えs5いぇしぇ5


 宇宙船で宇宙に飛んで行ったあとに水しぶきに乗り?ながらもみくちゃにされるカットを長めにやっていてかなり見ごたえがあります…。
 湯浅さん回に大平さんが…!
 
 とにかく最後まですごく面白いです!
 背描きの魚は必見です。
 16話本放送楽しみすぎる…
 
 
 ?話は話数が発表になっていないんですけど、おそらく割と後半かもしれないですね。20話代とか。 
 ダンディが居酒屋で知り合った若者とバンド組む話なんですけど山本沙代さんのコンテ回で、やけにオノマトペ的な漫符が多い回でしたw
 でも修正が濃くてダンディがかっこよかったです。伊藤さんの修正なのかもう一人の方なのかはわかんないです。
 割とベタな話でしたがまぁオチもいつも通りで安定したバンド回でした。神谷浩史がイケメン役やってバンド組むってところはたぶん女子にとっては激アツな話なんだろうなとは思いますね。
 向井秀徳が曲作ってるのもすごいですねー。サントラとかでも参加してるからサプライズってわけでもないけど。
 
 試写会はそんな感じでした。
 他にも押山さんがコンテからやってるほぼ一人原画回とか三原さんの一人原画回とか見どころむっちゃありそうなんですごく楽しみですね。
 ダンディ段々BD欲しくなってきてしまうのが怖い。
 んあー
 湯浅さん回の大平原撮むっちゃみたい。
 
 そんな感じでした。



 
 放送中に「yoyo!」って言う準備しとこう。

リトルウィッチアカデミア・アニメミライ展に行ってきた。




先日、秋葉原に行き、リトルウィッチの個展を見に行きました。
リトルウィッチの生原画が展示してあったり、2014年上映のアニメミライの原画、動画の展示もあったりかなり熱い内容となってました。
 
securedownload[1]

2011、2012のDVDやリトルウィッチのBDも売ってました。
2011は見たことあったけど持っていなかったので即買い。

まだ見てないけどそのうち見ます。




原画大体展示してあることにはあるんだけど、堀さんの見たかったなー、とか…
いや、趣旨が違うのはわかるんだけど…





立体的なパネルの展示は見栄えはいいですね。
ディズニーランドにあるプーさんのハニーハントというアトラクションでも絵本の中に入るという演出でこういうパネルがいたるとこにあったのを思い出します。
L/O原図を奥のスクリーンに投影して、手前の透過スクリーンにキャラの線撮を投影して組み合わせる上映方法でアニメの仕組みを紹介してる展示は面白かったですが、こういう展示方法以外にもパネルを使った展示方法で紹介してたり微妙に内容がかぶっているのが少し気になったりしました。
 
 それなら、L/Oをすべて展示し、そのL/Oにどう修正が乗って、どう原画に変わったのか、を展示する方がかなり有意義かと思うのですけど、そういうのはなかったですね。
 でも面白いL/Oがひとつ。





LWA_ten_ (34_5)
LWA_ten_ (34_6)
LWA_ten_ (34_7)
LWA_ten_ (34_8)




 
 このL/Oはこの段階では担当アニメーターが描いたそのままの絵になっていますが、原画になったときにほとんどのモブが描き換えられています。吉成モブに…
 いかに吉成さんが修正を入れているのかがわかるカットかなと思います。















LWA_ten_ (28)

LWA_ten_ (29)

LWA_ten_ (30)




吉成さんの修正が見たかったんですけど、そこまで多くなくて、パネル展示の原画が並んでいるところに修正が何枚か混ざっていました。ピンクの修正紙がリトルウィッチでの吉成さんの紙のようです。
 ここのカットのエフェクトはたしかすべて吉成さんの修正だったように思いました。










LWA_ten_ (38)

LWA_ten_ (33)

LWA_ten_ (37_5)


 各原画の下には担当者を紹介するパネルがあり、吉成さんのコメントがありました。このコメントに関してはリトルウィッチアカデミアの内容も扱っていた「トリガーナイト」とそんな変わらなかったです。




LWA_ten_ (42)

LWA_ten_ (43)



 他には美術の生原稿がありましたが、パブロの美術すごく良かったですね。
 発色もいいし、やはりアナログの紙に書いてある美術は素晴らしいです。
 なんか最近デジタルの美術を見ることが多いので、キャラが美術に乗るとあまり気にならないですが、デジタルはのぺっとしていて苦手です。
 アナログの美術はそれを見ているだけでもすごくいいと思えるのが楽しいですね。見ればわかりますが、吉成さん調の塗りをしているのは吉成さんが先に先行してイメージボードを描いていたようで、それも展示されてました。それはコピーっぽかったし、一点しかないのが残念…。


LWA_ten_ (44)

 
 それと奥の方のスクリーンに隠れてひっそりとリトルウィッチアカデミア2の新ビジュアルも大きく貼られていました。
 アッコが泣きながらアカデミア追い出されてるのが気になる…
 キルラキルにあんま参加してないと思ったらちゃんと作業進んでるんですね!




 


 そのあとに中央の部屋に入るとアニメミライ2014の展示がありました。





LWA_ten_ (45)



 なぜかアニメミライ2013のデス・ビリヤードの展示もありましたがなぜかはわかりません。








LWA_ten_ (53)
LWA_ten_ (52)

LWA_ten_ (50)
LWA_ten_ (54)



LWA_ten_ (56)
LWA_ten_ (55)



LWA_ten_ (58)

LWA_ten_ (57)







 各社作品ごとにキャラデザやその他設定、原画などの展示はありましたが、その中でもパロルのみらい島の展示がすごく良かったです。小さなテーブルが置いてあって、原画と動画全部を束ねたもの(コピー)、亀田さんの作監修正集が無造作に置かれていました。その量がすごく多く、特に亀田さんの文字の書き込みが面白かったです。これは是非見に行ってもらいたいですね。














LWA_ten_ (72_5)

LWA_ten_ (72)

こういう描き込みも行き届いてていいですね。












 原画もすげえよかった…全部写真撮ってきたかった…
 全部写真撮った人、ご一報ください。

 なんかリトルウィッチもよかったけどこの原画見るのが一番楽しかった気がする…
 
 中学校を改装した会場だったのですが、一歩会場の外の廊下を出るとほんと中学校のままでこういう利用方法もあるんだなーと思いました。水道とか階段とかそのままでなんだか懐かしいです。
 この展示は27日まで?あと明日しかないので、行きたい方は明日有給とって行くことをお勧めします。





 秋葉原、ということでアニメセンターののうコメ展にも行ってきました。
 この展示もすごかった。



LWA_ten_ (13)
LWA_ten_ (7)






 何がすごいのかというと展示してある原画、修正レイアウトすべてが生原画な上に壁にそのまま適当に張り付けてあるというキチガイっぷり。さすがに設定はコピーでしたが、展示の後捨てる気しかなさそうな展示方法でした。OPのあの逆立ちカットも全部固めて生原画でした。パラパラされまくっててボロボロになってたけど…
 実際動画までしてしまえば最悪原画はいらないにしても、もう少しいい展示方法はなかったものか…リトルウィッチの厳重具合を見習ってほしいところです。個人的にはうれしい展示方法ではある。

 



 その中でも時におもしろかったのが、動画机。(上記の写真はネットで拾ったやつです)

 ディオメディアから持ってきたであろう机がそのまま置いてあり、自由に見ていいといいうことだったのでカット袋をあさりまくっときました。これだけ大盤振舞の展示方法はなかなかないです。
 去年見たACEでのA-1picturesの原画机はそれなりに整理してありましたが、こっちはほんとにスタジオにあるような汚さがすごくリアルで笑いました。
 

リテイク表とか、動画の心得的なものが貼ってあって、動画まで済んだカット袋が置いてあるってことは、これは動検の机っぽい気がする。
ちゃんと透過台のスイッチを押すと電気がつくのがいいですね。
カット袋がそのまま見れるのもとてもいいです。
中には、上から動画、原画、L/Oが入ってるんだけど、レイアウトはホッチキスとかで閉じてなくて紙で挟んであるだけだから取り出して見れる。一番この展示でしか見れない、という価値があるのはL/Oとその修正ですね。
 そのあとのはほとんど画面見るのと変わらないですし。



 全部は見てないけど行ってみたら中のL/Oを見ることをお勧めします。
 修正集は修正しか見れないけど、すべてのセットがそろって見れる機会は一般的にまずないです。L/Oではこう描かれていてそのあとに演出修でどのように変更されてそれを見た作監がどのように修正を入れてきてどう原画になったか、まで見るのはめったにできないのでこの機会に是非見てみましょう。作監の素晴らしさがすごくよくわかります。それと演出が普段どんなことをしているのかもわかることができますね。カットによると思うけど総作監修正も入っているのでそれも見ておくといいかもしれないです。普段エンドテロップで見ている名前の役職の人がどういうことをしているのか、を見ることができます。
 是非是非。
 

LWA_ten_ (5)
LWA_ten_ (4)
LWA_ten_ (2)
LWA_ten_ (1)
LWA_ten_ (3)
LWA_ten_ (10)
LWA_ten_ (9)


「修の修」って走り書きする人が多いんですが、この書き方も雑すぎて面白いですね。


LWA_ten_ (12)
これはかなり究極。
二本の棒にしか見えない。



LWA_ten_ (14)
「修の修の修」





 なんか奥の方ではPA作品やディオメディア作品のムック本とかが置いてあってなぜかのうコメの原画集(同人誌)が売ってたり、問題児の原画集(同人誌)も置いてありました。同人誌ってこういうところで売っていいんだっけ…。
 ムック本中身れるのがいい。ぎんぎつねの原画集も中身れてよかった。ぎんぎつねのは原画よりもBG原図が見れるのがいいですね。美術よりBG原図の方がいいです。
 PAのムックって大抵最後の方に少しだけ原画画のってたり修正集がのってたりするようで、劇場版いろはの原画はいいところが載ってましたね。踊ってる二人とか叫ぶ皐月、走り出す皐月とかの上手いところばっかり載ってた感じはしたなぁ。タイムシートないし小さ目で掲載されてるから見にくくはあるんだけども。

 そんなところです。
 どっちも無料なので、家からの電車賃で原画見放題だと思えばかなり得した気になります。
 パロルの原画は是非是非!必見です。

 明日、27日の午後5時まで!是非!

2013年MAD


2013MAD_part1 投稿者 dm_50788c8fc99ac




2013MAD_part2 投稿者 dm_50788c8fc99ac





去年も一応作ったけど今年も作りました。
12月の10日くらいから作り始めたのでちょうど2ヶ月かかりました。
遅すぎですね。

1本にまとめようとは思っていたのですが、どうしてもまとまらなかったのでこんな感じに。
なんか似たパートを集めたのは、去年1年で好きだったパートを集めた素材の中から似た場所を寄せただけです。
だからわざと似た場所を抽出して集めたわけじゃないという。

去年作った年MADと比べると少し好きなものの傾向が変わったような気はする。
年MADは今年誰も作らないのね…
去年のMADをこの前見返してたのだけど、他の人の年MADと被ってるパートがひとつしかなくて、これだけ数集めても好きな場所って被らないもんなんだな、と驚いたので、他の人が作ったものも見て見たかった。
ちょっとMADブームも沈静化してきたということかな?

パート当てをしなくていい年MADで2ヶ月かかったんだからちゃんとしたMAD作るの1年くらいかかりそう。
無職時代に暇なのに3ヶ月でできたのにな…

近藤高光さんの作りたい…いや、もうネットに上がってるのひとつあるけど…
あとやっぱ大田さん…

とりあえず画質がいいものを作れる環境を揃えたいです。
引っ越してしまって物理的にもう作れる環境ではなくなってしまったので、お金が溜まってwindowsのパソコンを買って映像を取り込める様にするとこまでするのに多分一年はかかります。
次何か作るとしたら1年後かな。

近年のTVアニメーションCGの発展によって見ごたえのある映像が増えたので、これは何度か見たい、と思うものも格段に増えました。
なので、そういうのを集めたCGMADは一度作ってみたいです…。
OLMとかオレンジとか、サンジゲン、サムライピクチャーズ、東映デジタル部あたりが目覚ましい感じはしますねー
タツノコのプリティリズムのCGもすごいよね。
1年後につくれるといいなー



あと、ちょっと言い訳をば。
これね、ちょっと夜桜の12話とか有頂天の12話とか、黒子とか入ってないんだけど、夜桜は放送見た後あんま見返してなくて編集終わった後に見返したら「あああ」ってなった。
有頂天は割と見たのが最近だったので…井上さんのところ、少し入ってるけど、あれはあれでどこを入れればいいのかわかんなかった。黒子のOPとかもそうなんだけど、演出とかっちりはまった作画とかだと正直ピンポイントで抽出しづらいのよね。あと全編通して上手い時に一点だけ抜き出してMADに入れると、なんでここだけ抜き出したのか、っていう理由付けが必要な気がして…チキンです…
 あと井上さんのはあんまMAD向きじゃない…
 
 続いてるパートでもカット単位で切ってばらけさせてるから一連のパートを流れで見てる人にとってはかなり見づらい編集になってるけどご容赦を。
 
 画質悪くてごめんなさい。アスペクト比違くてごめんなさい。せめても、と思って全部統一しておかしくしておきました。一応バラバラのアス比ではないです。あとは16:9に変換するだけです。やり方は知らんのです。
 
 一年分のアニメ見返すのめんどかった。
 
 そのうち、2013年の10本みたいなのやりたい…もう選んであるけど見返して書くのにまた時間が必要…




 あ、ノンクレについてはノーコメントで。



 
 おわり

スペースダンディ見た。

zdfgxh


 試写会に行ってきました。

 なんか知らなかったんだけど、1話から3話まで見れました。

 来てたのはダンディ役の諏訪部さんとQT役の9nineの子。
 多分9nineで一番小さい子だと思う。
 海荷ちゃんより全然声優上手かった。
 電子音声だからそうなのかな。
 でも声優がやりたくて仕事じゃないのに勉強しにスタジオに見に行ってるくらいらしいので凄く意欲のある感じなのかなぁと。
 可愛かったです。

 あと、南社長も来てました。
 フットサルが好きな南さん、サンライズ主催のフットサルにも顔を出すそうで、たまにサンライズチームに混じっているとか何とか。
 エウレカにサッカー回があったのもまさか…
 

 最初にトークがあって、その後にOPを歌っている岡村靖幸さんのPVが公開された。
 本編の映像を切り貼りした合間に、岡村さんがダンスしながら歌うアニメーションが入る感じのPV。
 これが上手くて。
 ただ映像を参考に描いただけじゃない上手さがあるダンスだった。
 ブルーバックのカットが凄く上手いです。
 なんか見たことあるんだけども…

※追記

 

 PVありました。
 2分38秒からのとこ。
 うめー









 



 その後に1話上映。
 すんばらしかった。
 中村豊さんのカットが1分くらいずっと流れてるんだけどね…
 むちゃくちゃうめえ…
 アクション最高過ぎる。上のPV(2つめ)の50秒と56秒のとこ。
 ムカデみたいな奴とロボが戦って、その合間にダンディ達がそれに巻き込まれる一連なんだけど、画面の使い方がダイナミックで、でかい画面で見れてよかったと思った。劇場アニメーターみたいになっちゃったけど、劇場でこそ映える仕事をしっかりわかってる感じが流石。
 四角破片も見れる。
 BDを買う決意をした瞬間だった。
 
 
 その前のパートがBahiさん。


 Bahiさん羽ばたき過ぎて逆に怖い。
 失礼な言い方だけど、中村さんパートに連続で見せられても全然見劣りしない。
 凄く長いワンカットをコミカルに描いてておもしろかった。
 エフェクトとかも特徴的。なんかWeb系みたいなの。
 
 
 それと、室内での殺陣も凄く上手かったんだけど、小田剛生さんらしい。
 小田さん来てて霜山さん押山さん青山さんもどこかの話数に来てるってのはなんかミロス面子は全員いるんじゃないのかって感じがする。
 PVの室内でダンディが連射してるカットは小田さんかな。
 この作品、ビバップと一緒で殺陣多いからそういう面子も相当揃えてるんだろうけど、ここまでの面子集めたボンズすごすぎる。
 キルラキルと夜桜を見てる時の「何かが足りない」感のすべてがここに詰まってる感じがすごくする。
 もし、10月に放送開始されてたら凄かったのにね。
 
 ちなみに、この上映会、OPとED、エンドテロップは流れなかった。
 OPはまだ出来てないらしい。
 EDはできてたとしてもまぁ、テロップあるから流さないんじゃないかと。
 はよテロが見たい。

 話も、なんかビバップが下地にありそうな話なんだけど、あれよりもっとぶっ飛んだ話。
 なんか毎話誰かが死んでいる気がする。
 ここで終わるの!?みたいな終わり方して次の話数でそんなことはいざ知らず全く関係ない話が始まる奔放さがこの作品の持ち味かと。 
 南さん曰くシリアスな話もやるようです。
 すげービバップぽい。
 
 
  
 続いて2話。
 山本沙代さんコンテで作監が、この中の誰か、だった気がする。

 青山浩行▽秋田学▽池田成▽石川佳代子▽石渡マコト(ニトロプラス)▽伊藤嘉之▽稲留和美▽上杉季明▽うえのきみこ▽エメリック・ケビン▽円城塔▽大河原邦男▽大河内一楼▽大友克洋▽岡田有章▽オガタガクオ(ニトロプラス)▽小岐須雅之▽奥野浩行▽押山清高▽小田剛生▽小針裕子▽片貝文洋▽上條淳士▽岸友洋▽きんりきまんとう(ニトロプラス)▽草なぎ琢仁▽久保田誓▽小磯由佳▽河野羚▽近藤由美子▽嵯峨敏▽佐藤育郎▽佐藤大▽三條なみみ▽清水洋▽霜山朋久▽外山草▽高橋敦史▽高山文彦(J.C.STAFF)▽武半慎吾▽田島昭宇▽谷口悟朗▽玉盛順一朗▽チェウニョン▽千羽由利子▽寺田克也▽道解慎太郎▽中田栄治▽なまにくATK(ニトロプラス)▽成田偉保(草薙)▽夏目真悟▽Niθ(ニトロプラス)▽信本敬子▽橋本誠一▽浜崎博嗣▽林明美▽樋口雄一▽平田敏夫▽三原三千夫▽宮地昌幸▽宮武一貴▽森久司▽森ハヤシ▽やくしまるえつこ▽山本沙代▽湯浅政明▽ロマン・トマ(サテライト)▽和田高明▽渡辺信一郎

 
 この回も凄かった…。
 始めの方のラーメン屋での殺陣うめえ
 なんかこのべたべたっとしたアクション見覚えがある…
 上のPVで30〜31秒の辺りの髪かき上げるところ誰だろ?
 29秒のとこも2話。
 ここのラーメン屋でのアクションなんだけど上手い。
 22秒のキャストが出てるとこも2話なんだけど、ここ宮沢さんとかじゃないかな…わかんないけど。 
 はぁ…もっかい見たい…
 
 ゲテモノラーメン食ってるとこばっか映るんだけどなぜかラーメンが食べてみたくなりました。
 宇宙空間にボンズマークが映ってたのにスピルバーグ的な遊び心を感じた。

  
 3話。

 ロボが出て来る。 
 なんだけどそこまで特徴的でもなかったように感じたけど、あのロボの変形は誰だったんだろう。
 ほんとに毎話見どころを作ってくれて凄い。
 ミャウがその後どうなったのかが気になる。
 
 4話(予告)
 全員ゾンビになる話。


 
 どれもすげえ面白い。
 ハードボイルドさを抜いてギャグ色を強くしたビバップだね。
 石塚運昇が敵キャラで出て来るんだけどその上司が銀河万丈ってのも面白かった。
 とにかく1話1話が凄く良く出来てて話も作画も申し分ないものになってる。
 はやく1月5日になってほしい。
 だけど自分が見てない4話を見るのは1月の26日だからなぁ…
 悲しい;;
 はよ続き見たい
 


<アニメーター>
青山浩行
秋田学
石川佳代子
伊藤嘉之
稲留和美
奥野浩行
押山清高
小田剛生
岸友洋
久保田誓
小磯由佳
清水洋
霜山朋久
千羽由利子
道解慎太郎
中田栄治
夏目真悟
橋本誠一
三原三千夫
森久司
和田高明


<メカデザイン>
宮武一貴
樋口雄一
武半慎吾
大河原邦男
片貝文洋
ロマン・トマ(サテライト)

<演出>
佐藤育郎
嵯峨敏
三條なみみ(難波 日登志)
林明美
宮地昌幸
渡辺信一郎
高山文彦(J.C.STAFF)
山本沙代
平田敏夫
谷口悟朗
池田成
浜崎博嗣
高橋敦史


<湯浅班>
チェウニョン
エメリック・ケビン
河野羚
湯浅政明

<謎>
大友克洋


ちょっと整理してみた。
漫画家陣と脚本家達は除きました。
見てもよくわかんないので。
演出陣の面子すげえ…
監督クラスばっかりだ。
アニメーターもキャラデ総作監クラスばっかりだけど。
谷口、中田千羽の三人も凄く気になる。

湯浅班は美監とかで1セットです。
てかこの四人はこの組み合わせしかない。

岡村天斎さんとかも時期が時期なら参加してたんだろうなぁ。
ズヴィズダーなければやってたんじゃないのかな。

やぐちさんは来そう。



 なんかそこらの劇場版見るより豪華な面子。
 すごく楽しみ。
 1月5日まで皆で待とう。


 
おわり。
プロフィール

kanrinin

Author:kanrinin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。