スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかゆでした。

間が開いたけど、動画作ったよーの続き。

作ってたのは岡勇一さんの動画でしたー

あんま引っ張ってもあれなんで。







岡勇一 Yuichi Oka  投稿者 dm_50788c8fc99ac







北田勝彦、押山清高、ときたら岡さんは外せない。
この動画作るときに一番困らされたのが他二人の存在だった。
あんま見る目無い自分としてはアニメ本編の上手いとこを特徴似てる人に当てはめてパート当てしてたから、上手い人が三人も集まって芝居作画してるのとかは凄く困った。
だから他二人の特徴をわかってないと見分けるの難しかったのです。結局この岡さんMADも作wikiに載ってるのばっかりになっちゃったけど・・・。
全部見たんだけどな…多分このためにDVD30本以上借りて見たな…38本くらいかな?
TSUTAYAって全店100円ってわけじゃないから違う所で借りると高いんだよね。
一度に3つの店舗ハシゴして借りると怪しまれて身分証明させられるし。

ほとんどDVDソースかな。
最近のWORKING!!とかラグりんとか俺修羅はテレビの録画か。

合ってるのかな。
半分くらい間違ってそうで怖い。

比較的最近のも入れたかったんだけど、岡さんキャラデ総作監多いから…
Over Drive以降、ToLOVEる、そふてにとかでそういうのばっかりになって原画参加があんまない。
ニャル子で岡さん来ないか目を凝らして見てるんだけど全然こない。

あともっと高見作品にがっつり行ってもいいのでは。
うぽっても一回しか参加してないし。
えむえむっに未参加ってのも驚き。

ザ・サード5話の芝居凄く上手いね。3分4秒辺りから。
ほんと最初見たとき驚いた。
この話数、前も言ったけど足立さん作監の回。
芝居もアクションも凄くいいからもっと繰り出してけばいいのに…
原画上手い人が総作監とかやってるのもったいないと思っちゃう。




でも前の記事でも言ったとおり、他の人のパートも見れて凄く楽しかった。
またやりたいけど、こんなに自由な時間はもう多分無いんだろうな。

桝田さんとか小島崇史さん大田和寛さんのMADとか見たい。別に関連性はなくただ単に好みなので。
最近の作品系は誰かが絶対作ってるから小島さんのは待ってればアップしてくれるんだろうけど、
大田さんとか桝田さんは昔の作品含め自分で調べたい。
他人が作ったMADって全然頭に入ってこないし。

ちょっと忙しくなるのでブログの更新も当分なくなるかも。
だから今のうちに、と更新しまくってたのです。

心配しなくてもなにか書きたいことがあれば書くか。


とりあえずおわり。
スポンサーサイト

ピストルオペラ

dtkdytrts.png





 今日は実写映画「ピストルオペラ」のお話。
 
 この映画見たのは一週間くらいまえなんだけど、この映画がとてつもなく強烈だったので紹介しようかな、と。
 2001年公開の鈴木清順監督作品。1967年の「殺しの烙印」という映画の後日談。
 前の「殺しの烙印」はまだ見てないんだけど、これもまたカルト的人気のある作品らしく、タランティーノが好きでキル・ビルでも排水口から銃口を伸ばし標的を殺す、というオマージュをしているほどらしい。聞いた話ですが。

 殺し屋同士がいろいろあって殺し合うって話なんだけど、正直話は全然飲み込めてない。
 ちょっと難しいというか、カット割りがそれを邪魔してるような部分もある。
 なんかキューブリックの「時計じかけのオレンジ」に凄く似てるの。
 ここはどこなのか、何が起こっているのか、そういったことが画面から読み取りにくい。
 だけどその画面に映し出された画がとても綺麗で、事実よりも他の意味を持たせて訴えかけてくる感じ?みたいなのが多い。
 
 PV探したんだけど無かった…。

 なのでOPを。
 

 
 うおおかっこいいい
 ちなみにこのOP、樋口真嗣さんが作ってる。
 タイトルバックと特撮部分は樋口さんの仕事なのです。


 sberbserbtearb.png
aebraererba.png

  そして素材協力にガイナ。
 
 ガイナの素材ってなんなん。

 資料協力の三池敏夫さんは特撮の人らしく、この前やってた庵野さんの特撮博物館でも特撮美術やってるひとのようで。
 

 
 aerhejnarhae.png
zehwy.png
xgfhxfh.png


 この作品にはこういう平面Fixの画が凄く多い。
 キマってるね。
 春夏秋冬の文字も凄くいい。
 こういうとこは尾石さんとかシャフト面子は絶対意識してると思う。
 少なくとも幾原さんはこの映画ないし鈴木清順が大好きな筈。そうじゃなきゃおかしい。
 そう思って検索かけてみると…






 大好きだった。

 
 
 鈴木清順作品追っかけてみるの面白そう。




 setjsetjse.png
srtjsrtjrt.png
artjrtjnrth.png
hzedhnrdehr.png


 作中でもずっとこういうアシンメトリーの画を入れてくる。
 これわざとシンメトリーじゃないようになってんのね。恐れ入るわぁ。
 かっこ良すぎる。
 アニメで結構見るようなレイアウトだからアニメ的と思いがちだけどそうじゃないっていう。
 色彩感覚も素晴らしい。




 aethdvrha.png
earhderhedrh.png
erhedzhrse.png
erhnerherjn.png

 
 一番下のは少し離れたシーンのカットだけど上3つは連続したカット。
 色でも状況を語ろうとするのね。
 



 sryjsrjsryks.png
ergerhbre.png
srtkrstjsrthrts.png
zdfhzdfh.png


 物や文字、記号のオンパレード。
 シャフト演出のすべてが詰まってる。
 1枚の写真みたいな画面というのが映像に挟まってくる時に何かしらの意味がこもってるのかなとか考える瞬間が好き。実際意味は結構ある。
 
 


 srtsrtjksry.png

 
 これウテナぽい。
 

artharthartjtar.png
athrzdvtd.png
srtjsrtksr.png


 影演出も結構多い。
 障子に影ってのはタランティーノがキル・ビルでやってたね。栗山千明が出るちょっと前くらい?
 記号的ですなぁ
 
 一人だけ影が赤いっていうのも、わかりやすくするためなんだけど、白黒フィルムのころに手でフィルムに色塗ってた作品思い出す。考え方は一緒。
 
 
 eahrerher.png
sryjsrtjsr.png
arhrthetr.png



 こういう謎空間もすごく多くてなんか終始こんなとこにいた印象。
 大理石の像とかも幾原さんぽくない?
 全てが混在した空間はカオスそのもの。
 


 

 dzhzdhzdhf.png
fxhnxjnxf.png
zdhzdfzdfh.png




 ここらへんは細田的だ。
 このカットのパターン好きでこういうの無意識にやってしまう。
 
 カット間の時間とか空間をすべて端折るのがすごく独特で、堤幸彦のSPECとかはそのタイミングに近いと思う。
 あれだと時間停止の能力とかの演出でもやってた。そうじゃない時のカット間の時間がすっ飛んでることも多かったし、台詞終わった後の間が微妙にあくとかも多かった。 
 
 堤さんが鈴木監督好きなのかはわかんないけど。


  

 zdfhzdfhzdhf.png
zdfhdzfhdzfh.png



 こういう凝ったレイアウトも多い。
 鏡使った演出もやってたな。
 とにかく見せ方という面での映像表現はこれでもかというほど盛りこんである。
 満足度がかなりある作品だった。
 
 見てよかった。
 実写でこういうことをする人がいて、その結果今見てるアニメに繋がってるんだなってのがわかってよかった。
 原点を見てその研ぎ澄まされた感覚を直に感じれたのはいい経験になった。
 こういうのがあるから映画見るのやめられない。 

 素晴らしい映画なので是非見てみてください。



















 rthrthnrt.png

ハル見た。

HALハル見た。

面白かったでつ。
霜山さんと舘さんだけテロップで確認したけど他は見えなかった。

コンテ良かった。トマト潰れるとことか、冒頭の写真とモノローグリンクさせるのとか。
ふすままたいで対比させるのとか。

ロボハルが頬ブラシなしでくるみが頬ブラシありでくちびるも官能的に描いて、無機質なものと生身の人間をきっちり分けてるのかと思ったんだけど、最後まで見て全然違ったことに気がついた。
やられた。あの世界のロボットの完成度を舐めてました。
まさかあんなことになるとは。
というか伏線が無かった気がするんだけど。

最後のカットの押入れの中のルービックキューブに書いてある「ハルが生きることを思い出してくれますように」みたいな内容のは誰書いたんだろ。
あとあのロボはどこいったの…

でも面白かった。
短かったけどこのくらいがやっぱしっくり来る。
あ、あとCGの神輿に乗ってる人も全部CGなの笑った
作画でやっても浮くんだけど、CGでやってもなんか違和感ある。
しょうがないけど。



それと。
設定資料集とイラスト集は買いだー
すんごくいい。

arfrdf.png


設定資料集。
ちょっと割高の2100円。
だけどページ数も多いし、何より内容がいい。
ピカデリーの商品一覧ではSOLD OUTってなってたけど、商品自体はあった。
多分一回売り切れてその後に入荷したんだろうかな。
ムービックが販売してるものじゃないのでアニメイトとかでは売ってないと思われ。
早めに買っといたほうがいいと思う。


aetnarn mu

これ普通のと影付け参考が二枚になってるんだけど、位置がピッタリあってるから後ろの影付けバージョンのが透けて見えて良い。
まぁ普通に影付けverを見ればいい話なんだけど。



tyhsfdea.png

これが北田皺か。
やっとどういうのかわかった。
作中ほとんどこんな感じだった気がする。

もっとたくさんあるんだけどそんな載せてもあれなんでこのくらいで。
くるみの設定とか浴衣設定、雨に濡れた時のハルとかリュウの設定も凄いいい。




dtymsraaer.png
dbhsdnbdfnsnt.png


イラスト集。1000円。

加藤さんと長谷川さんが一枚ずつ描いてて他は全部北田さん。11枚くらい描きおろしかな。
他はカウントダウンイラストだから毎日張り付いてた人は知ってるんじゃない?

なんか事実上のお疲れさま本みたいな感じ。
合わせてお買い求めくださいませ。


おわり。

俺の青春ラブコメは間違っている 5話 真エンディング




俺の青春ラブコメは間違っている、の5話のエンディングについて。
主人公とヒロインが折角仲良くなろうとしてたのに仲たがいして、また壁を作って疎遠になる、みたいな内容。




その内容に合わせた仕様のエンディングが5話では使用されてた・・・んだけど。
音楽は通常バージョンとは違ってバラード調?みたいな静かなエンディングになってる。
だけど映像のほうがあまり合ってない。
話のメインが主人公とヒロインなのに、エンディングに写っているのはヒロイン二人。









adawuggt.png
zdthztnjr.png
zrftkmrz.png
zdshndznhd.png





このエンディングになったのはなぜか。

それは、当初予定してたエンディングが他にあったから。

っていうのを担当された方に教わった。

その素材自体はその方のブログにあったので拝借しました。
元アニメーターの写真家の方で、5話のエンディングは実は写真だった。
それを一応動画にしてみました。
了承は得てますので大丈夫な筈。











俺ガイル5話ED 投稿者 dm_50788c8fc99ac



歌詞と写真のタイミングは指定ないけどブログの順番通りに並べると凄く丁度いい感じになる。
ちょっとPAN行き過ぎてたり、テロップの文字色が白一色だから背景と同化して見えないとかそういうのは勘弁して。ファイナルカットでの編集難しいの。
ディゾルブ駆使してそれなりに違和感無いようにしてみたから。
テロップが一瞬で消えるのもちょっと尺の関係。
全部打ち込むの大変だったから。文字多いし、文字の大きさ違うのとかレイヤーで何層にもして文字の大きさ変えてるとか色々頑張った。偉い。


このエンディングで凄いな、って思ったのはテロップの位置を考えて写真撮ってるんだなってとこ。
5話本放送されたバージョンのテロップをそのまま写真上に乗っけても一箇所以外、場所は移動させないで済んだ。
なるほど〜と少し勉強になった。

歌詞とは凄く合ってるしこっちのほうがしっくり来るよね。
「また君とふたりぼっち〜」のとことか凄くいい。
でも、やっぱりアニメ作品でいきなり実写になると面食らう人多いって気はする。
ちなみに、この撮影場所も舞台と同じ千葉の海で撮影したそうです。
ここまでしてるならそのまま放映しても良かったと思うけどな…

「俺がいる」の初期で流してた写真レイアウトにキャラだけ作画乗せるエンディングも結構好きだったし、あれを評価してる人も少なからずいたと思うんだけどやっぱり全部写真、はまだ早いのかな、とも思う。
 「アニメ」を見てる人としてはアニメが見たいわけだし、「映像作品」を見たい人に向けてなら写真の案でも通ったのかなーと。
 やっぱり写真とアニメ、どっちかではなくどっちも、が一番バランスがいいのではないか。
 と、個人的に思った。
 でもこのエンディングやっぱ好きだな。
 アニメで表現できないことってこういう部分だと思った。

 少しでもこういうものがあった、ということを色々な人に知らせて欲しいという要望を頂いたのと、個人的にも知っておいて欲しいと思ったので書きました。
 心の片隅にでも留めておいてくれれば。


おわり。

できたよー。

4月の始め辺りからずっと作ってきたMADがやっと出来た。
といってもMAD自体は今月の始めには出来てた。

他の動画まとめるのに時間がかかって。
ファイナルカット起動してると重くなるしめんどくさかったのが原因。


MADをまじめに作るのはこれが初めてな感じがした。
今まで適当にテレビでやってたのをまとめただけだったので。

今回は過去に原画を担当された話数は多分ほとんど見た。そんなことしなくてもよかったんだけど思いのほか楽しくて。
MAD作った人あるあるなのかもしれないけど、一人の人の作品追ってるだけなのに他の人の担当パートも気になったり調べてみたりするってのはあると思うの。
で、今回はそういうのもまとめて見た。

その作品見て誰のMAD作ったか当ててみて、みたいな感じがこの記事の趣旨。







おかゆ副産物1 投稿者 dm_50788c8fc99ac

<追記>予備で挙げました。
    エレメンタルジェレイドの謎パートは動画2つ目のファフナーと同じ人らしい。
    ていうかまんま一緒の人だ!
    あとやっぱり桝田さんじゃないようで。誰なのか謎。
    ジーべと関わることがあれば聞いてみたい。


あーこれ動画4つあるから記事4つに分ければよかったね。
でも全部できちゃったから全部一気に載せよう。

ひとつ目のこれ、最初の武装錬金は沼田さんであってると思うんだけど、フタコイオルタ13話はちょっと自信ない。
これ似た系統の小島大和さんもやってるんだよこの回。
この何話か前のikakuma回が有名らしいんだけど見てない…
だから小島さんがフタコイでどういう作画するのかがわからなかった。
でも55秒あたりの警官が手前に走ってくるカットとかは沼田さんぽいと思ったのでとりあえず?つけといた。


エレメンタルジェレイドの桝田さん!
これは凄かった…
正直今回色々見た中で一番良かった。
たまらん。
エフェクトが桝田さん。ちなみにエレメンタルジェレイドではこの回しか参加してない。
桝田さんの仕事無茶苦茶追ってみたくなるね。

2分35秒辺りの殺陣が桝田さんなのかわかんない。
でもものすごく上手い。走り方とか描き方違うような、と思ったけどおんなじかも知れない。
とりあえずわかんないとこは「?」つけとく。

その後のとこはとりあえず作画wikiでは岡さんってことになってる。
目の描き方とか岡さんぽいのかな。
でもその後の鎖散らばるとこみるとあんま岡さんぽくないとか思う…


その後の女の子3分38秒辺りの女の子可愛い。他の回でこんな顔してたっけ…?


松田さん!
空間使った感じのはやっぱり上手い。
良い。


フタコイオルタの最後の方はなんかすごいガイナだよね。
戦略自衛隊ぽい戦車はエヴァでミサイル走るとこはフリクリでキックはトップ。
最後の空がぶわって晴れるのもガイナよくやる。
でも雲が縦に晴れちゃってるのはよくわからん。

一つ目終わり。
会社のくくりはあんまないね。

次。


あと3つ動画あるからね。











これは全部押山さんでまとめようと思ったから話数書いてない。
最初のはロックマンBEASTの24話?だったかな。
夜のカットからは同じ作品の中間くらいの話数だったような。
ファフナーは誰かわかんない。
凄く上手い。
誰なのか教えて欲しい。


どうでもいいけど参考に押山MAD見てたらmiwaの曲が耳ダコになってしまい逆に気に入ってよく聞くようになった。

その後のザ・サードは押山さんであってる。
なんか最初のロックマンと最後のザ・サードは押山さんってわかるんだけど他がどうもしっくりこない。
もっと見ないとわからないのか。
とりあえず保留で。


次。






北田さん無双。

ココらへんから特定の会社の作品が多くなってくるという。

北田さんは手とか?皺とか動かし方でわかり…そうなんだけどよくわかんない。
むつかしい。
あばばば北田さんMADを参考に見ててもmiwa中毒になるー
北田さんもむちゃくちゃうまいです。


最後の足立さん?って書いてる回は足立さんが作監なのでなんとなく一番足立さんぽいとこがここだったってだけで。でも、この話数原画が四人しかいなくて、足立さん、北田さん、岡さん、浅賀さん。
 浅賀さんはこの前はビビッドやってたよね。昔は結構ジーべで作品やってたのに今ではA-1のしごとばっかりだね。
 ジーべ面子ってあんま変わってない感じするけど目立ってる人とかは結構外でてっちゃうね。
 押山さん北田さん近岡さん坂崎さん足立さん菊田さんとか。
 でも高見さん岡さん堀たえ子さん他等はまだまだ残ってる。

 やっぱり作監回で特徴的な絵柄の人が後々キャラデになるんだな、と思った。


 高見さん作監回
 shbszbxfd.png


 足立さん作監回
dfhdxfnjxdnxfd.png




 今とあんま変わらない!



 そんな中で見つけたこんなテロップ。

fgnxfxgnfxg.png



 足立はるこ!!








 次。









作画wikiだと最初のハチクロの話数は竹内さんが自転車こいでる竹中の後ろ姿って書いてあるけどここじゃないん…

この健康ランドでの竹内さん凄くいい。
ゆらゆらタイミング


武装錬金なんだけど、この回二人原画だった。
前に書いたニャル子二期のEDが良いって記事を覚えてるだろうか。
あれ原画岩崎さんで作監が滝山さんだったよね。
この回もこの二人だった。
というかこの二人、スタジオジャイアンツ所属でジーべのグロス回にローテ入ってる二人だった…。
ロックマンとかだと数回に一回の確率でローテ組んで二人原画の時もあればジャイアンツ全体でグロスの時もある。
というね。だからニャル子さんでエンディングやってても何らおかしくはない二人だったという。
滝山さんの仕事追えてないから全然見分けつかないけど、いずれ。
二人の回でも結構上手い。


菊田さんはわかりやすい。

このあとのロックマンBEAST14話押山さんって書いたけど、これ上に貼っつけた押山さんの話数とかぶってる。
消去法でパート当てすんの良くないけどさっきのが押山さんならこっちは違う人なのでは。

間のロックマンの映画のパートは全くわかんない。


最後の爆風が戻ってくバックドラフトみたいなの庵野さんの爆発みたいでかっこいい。






こんなとこでしょうか。
なげえ。


誰のMADかわかったかなー
この文中にも何度も名前出てきたからあれだけども。

本命の動画はまた今度。

眠すぎて後半適当になってきた。


つづく。

大阪行った。

 最近忙しくて、といっても私情なんだけどもあまりアニメ見るとかその他のこと出来てなかったけど一段落した感じなので少し。



大阪行ってきた。







xdfhxdfgh



しろ~


 何故大阪に行ったかというと、友人が「明後日大阪行かない?」という電話をしてきたからって理由。
 車を買った時、関東のナンバーが欲しかったらしくこっちでナンバープレートつけてそれを住んでる四国まで乗って帰らなくちゃいけないんだけど、一人だと辛いので人を探してた、とかなんとか。
 「大阪でたこ焼きおごるから」と言ってくれたので、たこ焼き食べるために行きました。
 まぁ、行きの高速料金とかは出してくれたので行きは基本タダだったわけですな。
 帰りも3500円とかで夜行バス使えば帰ろうと思えば帰れる。
 3500円で大阪まで行けるってなると安い。
 家庭の事情的なのもこの2日くらいはぴったしのタイミングで無かったので、ここは行くしか無いだろうと思って大阪へ。
 車の運転は得意じゃないけど、「それでいい」と言われたので一ヶ月に一回しか運転しない車に乗って大阪へ。
 
 高速は結構楽しかったけど長いこと乗ってると目が疲れるのか、視界がぼやけてトンネルの中だと全然見えないね。
 車かっ飛ばして8時間ほど掛けて大阪へ。


 初日はたこ焼きとお好み焼きと551の肉まんを食べた。
 551の肉まん凄く美味しかったから次の日も食べた。
 あの美味しさで2つ300円は安い。
 関東でも売って欲しい。
 
 そして泊まるお金なかったから車中泊して次の日にお城行ったり観光しました。
 

 tdykdtyk.png

 

この石垣かっこいい。
ええどすなぁ


梅田の方で泊まってて、その後に大阪城行きました。
とりあえず城は行っとこうかな、と。
というかどこ行っていいのかわかんなかったんだよね。
京都はちょっと遠いし、近場でそれなりに見応えがありそうな所はどこかな、と。
だからお城。

でもこれ外装はいいんだけど、中は美術館みたいになってて屏風とか飾ってあった。
全然城っぽくないっていう。
内装コンクリかー
屋上もかなりがっしりした建物になってて想像してた城とは違った。
でも何回も立て直してるらしいのでしょうがないのかな。
石垣とかお堀とかは結構見応えあった。



tgjmygmj.png



シャチホコがボルトとナットで止めてあるのはいただけない><






お城は堪能したのでその後になんば?の方に行った。
なんばのオタク街ってどんなんだろうってのは気になっていたので。
毎年コスプレで賑わうイベントがあったってのは知ってたんだけど。
行ってみたら結構充実してて秋葉原と遜色ないくらい。
というかそれ以上にアニメ系のショップは充実してたかも。
電気系のもちらほら。

うろうろしてたらコナミのゲームセンターがあってちょっと覗いてみたらアイカツの整理券配ってて少女に混じっておじさんの姿も見えた。
なんか異国に来たような気分になってたけど、アイカツはどこも変わらないのね。

で、店内見てたらアイマスのキャンペーン?やってたらしく、


ctjmyctjyty.png


ctykcgtyk.png


特別編のコンテがあった。



アニメ目的で来たわけじゃないのに思いがけずこんなものを見つけて結構な棚ぼた感。
赤井さんだったよねこれ描いたの。
ごちそうさまでした。



その後も、はがない二期の展示が他の店でやってたり。



dtyjtydty.png


思いがけずテンションが上った。





ささっと見て回ってすぐに通天閣の方へ歩いた。



ezhrezrhre.png



思ったよりでかかった。



erheerh.png




登る時間はなかったから下から見ただけ。
高いところからの景色は大阪城から一回見てるのでまぁ、いいかなと思ってたし。



その後は関西の人と会って、朝の4時くらいまで話して2時間カラオケで寝て、6時にバス探して7時半のバスに乗って東京に17時くらいに着いた。
バスの代金はJRのいい席だったから6000円と割高。
でもサービスもいいし、他にバス見つからなかったから寧ろ良かった。
あんな快適な高速バス初めて乗った。


と、こんな感じの二泊三日の小旅行でした。
関西に行ったのはそういうきっかけがあったからってだけなんだけど、前から行ってみたかったし、話はするのに会ったことないみたいな人多かったし、凄くちょうどよかった。
 いきなりなのに来てくれた人とかも本当にありがたかった。
 まぁ、会いに大阪行ったようなもんだったし、誰とも会えなかったらどうしようみたいなこと考えてた。
 それはそれで観光して帰るってだけなんだけどね。
 
 

 
 うん。楽しかった。


 また行きたいね。


 終わり。

ヤマノススメの仕様変更について。


ヤマノススメやっと全部見たんだけど気になったとこ。
内容ではなく仕様について。



最初こうだったよね?






だけど





xfgnxfgn xf



なくなってる!!



で、特典の「スタッカートデイズ(エンディング)ロングバージョン」の映像の収録予定は最初からあったみたいだけど、これ当初はぶっ続けの後のエンディング用だったんだろうなと思った。
 


 




ちゃんと動くエンディングで全話見た後に流れるとまた感慨深そうとか思ったけど、それは叶わなかったという。



 それだけ。






 

すげー近岡さんぽい。
顔見なくても振り返ったらどんな顔してるのか想像できる。
楽しみっすな。





 あー   言の葉の庭と聖☆お兄さん見たから感想書こうかと思ったけどちょっと時間がないからまた今度。
 どっちも凄く良かった。
 おすすめ。


おわり。

ただの日記。

特に書くことはないんだけど、何かの感想を書くときだけ更新しなくても、ってことで適当な日記をつける。

3日くらいまえに携帯電話をスマホにした。
乗り換えで結構いろいろな特典がついてきた。
5000円キャッシュバックとソフトバンクショップでの13000円分の商品の購入権、28000円分の基本料無料とか。
その代わり、二年契約のauが途中で切る形になったから違約金10000円とられるんだけども。

28000円分の基本料無料はiPad miniに交換も可能で金額を上乗せすることでiPadに変えることも出来る、というオプションがあった。
だから画面大きいのがいいなーとか思って契約時に「iPadください!」って言ったら「iPhone代と合わせて10万を超えるからお客様の年収では審査が通りません」って言われた…

というのも、二年契約を最後まで完走しないと全額タダにはならないという契約なので、来月にでも解約した場合、iPhone代金とiPad代の10万を自己負担しなければならないかららしい。

 くっ…;;
 
 結局iPad miniにしました。
 
 



 


 そのiPhoneでやっと見たかったゆるゆりアプリ見てるんだけどこれ良い。
 でもやっぱりこれ大きな画面で見たかったなぁ…
 iPad欲しかったなぁ…
 
 とか思う(堂々巡り)
 
 

 
 色々アプリ取ってみたけど面白いね。
 遊ぶ系のアプリあんまり取ってないけど、とりあえずグリマスとラブライブのをやってみている。
 どっちもいくらやってもレアカードみたいなの集まらねー
 というか何をすればいいのかわからない。
 なんか絵を集める前にこのキャラ可愛いなぁぐへへとか言いながら終わりそうな気がする。
 

 それはそうと、グリー登録したらプロフィール一切何も書いてない自分のアカウントに友達申請してくる23〜26歳くらいの女性がたくさんいるんだけどなんなんだろう。
 「上京したてで友達が欲しくて☆(ゝω・)vキャピ」「気になったからメールしちゃった☆」とかコワイ…
 俺がグリー登録してからアイマスしかやってないのも相手知ってるはずなのに何を期待してるのか謎。
 多分おっさんが画面の向こうで手ぐすね引いているんだろうな、とか思っている。
 
 
 携帯電話変えてメルアドが変わるの初めてなんだけど他の人にメルアド教えるのが面倒くさくて家族にしか教えてない。
 どうせこないしどうでもいいね

 
 そういえばTSUTAYAのアプリが良かった。
 見たい作品を検索すれば地図から何処の店舗に有るか調べてくれる。
 これがすごく便利。
 見たい作品だけどあんまり置いてない時とかはパソコンの方のサイトで調べてたんだけど、パソコンのサイトだとこっちでわざわざ店舗を指定しないとその店舗にその作品があるかわかんない。
 それを東京全部の店舗一つ一つやってくのは流石に出来ないから困ってたんだけど、このアプリで見たかった作品が見つかった。
 というのも、ハピ☆ラキビックリマンが見たかったんだけど、これ渋谷にも新宿にも池袋にも置いてなくて困ってたけど隣の街に置いてあるみたい。
 
 TSUTAYAって大きな店舗でも、新作を多めに棚の場所取るから古いのはどんどん消えてくんだよね。
 もういっそアニメだけの店舗作って欲しい。
 
 あー鬼太郎も見たいけど四期と五期置いてる店あるかな
 
 
 
 
 
 
 昨日?シュタゲを見ました。
 聖☆おにいさんも見たかったんだけど、映画1000円の1日ということで1時間前に行ったのにチケット売り切れてた。
 最近見るアニメ映画って90分ものが多いけどよくまとまってるように思った。いろは然り。
 そんなに長すぎず短すぎず。
 なんか二時間ものだと長く感じるし、実写とかでも3時間くらいあると、どこで終わるのか検討つかなくなって困惑するという。
 
 テレビで放送してた内容特に後半あんまり覚えてなかったけどおぼろげに思い出しつつ見てた。
 タイムトラベル系の映画って否応なくややこしい話になるからそこに加えて難しい単語出されたり独自解釈出されるともう何がなんだかわからなくなる。
 図説されても一瞬しか映らないからわかんないし。
 でも、そこら辺の内容はこのシュタゲ劇場版の場合、「最初っからわかってるもの」もしくは、「わかんなくても話しの展開で強引に理解させる」ってことにしてるような感じした。
 紅莉栖が泣いてたら「ああ、なんかよくないことになったんだなー」って思うみたいな。
 いまいち楽しめてるのか疑問だけどしょうがない。
 ロボノでも思ったけどニトロの科学ADVシリーズは若干こういう独りよがりになってしまう部分があるんじゃないのかなとか。
 でも普通に懐かしいなぁとか、どう決着漬けるのかなとか、ミンゴス可愛いなぁとか思いながら楽しめたから良かった。
 なんか総集編でもなくちゃんと続編でそんなに蛇足感も感じなくてよかったと思う。
 テレビシリーズの後にこの映画がなくてもいいけどあってもいい感じ。
 キャラがイチャイチャしてるのをむさ苦しい男たちがおんなじ空間で無言で見るのはきつかったけど。


 作画に関しては、コインランドリーのシーンが上手かった。
 オカリンが白衣を脱ぐとこの皺とか、そのあとの紅莉栖が髪触ってるカットとか上手い。
 誰だろ?っておもったけどテロップで確認できたのは森賢さんだけだった。
 
 テロップ確認するためにパンフ買おうかと思ったけどあの薄っぺらさで1200円はない…
 なんで映画1000円で見に来てんのに1200円もパンフに出さなければならんの。
 遺憾。


 あと、オカリンがなんとか世界線に行って世界から消えたことになったときだけラボのカレンダー絵が久太さんの描いた絵になってた。
 クレジットに載ってたのかは不明。
 
 
 見たけど感想書いてない映画ちょくちょくあるな。
 プリキュアとかいろはとか、実写だけどアイアンマン3とか。
 あんま長く書けそうじゃなかったから書かなかったっていう。
 長いと読みにくくて不評かもしんないけど書きごたえない。
 
 AURA見ようと思ってたのに終わってた。
 しゃあない。



 そういえば、アクセス解析というものをこのブログでもやってみたんだけど結構面白い。
 先月の11日から始めたんだけど先月は全部で213アクセスが有って、やっぱり土日にアクセスが多い。
 ツイッターにしかリンク貼ってないのにこんなに人が来るのはなんでかと思ったら普通に外からくる人が多いようで。
 何で検索してきたのかとか、そういうのが出るんだけど、映画の感想とかで来る人が多いね。
 「コナン 映画」とか「アニメミライ 感想」とか。
 桐島系も多いね。
 やっぱりタイトルに映画の名前入れるとアクセス稼ぎやすいんだなー。
 アクセス数稼いだところで何もいいことはないんだけど。
 
 中でもちょっと笑ったのが「志田直俊 下手」でこのサイトに来た人…
 なんでここに来た…
 
 
 志田さんといえば。
 ちょっと前のプリキュア見たんだけど、新必殺バンクって、キュアハートが志田さんでソードが森田さん、ロゼッタが板岡さん、山岡さん、ダイアモンドは残りの方?って感じなのかな。
 板岡さんの動かし方結構好き
 
 板岡さんの作画wikiってないんだね。
 板岡さんが個人ブログに書き込んでるってのも驚いたw
 パートバレしてるし。
 
 でもそれ以上にプリキュアの作画だけのwikiなんてものもあるのね。
 というかなんでプリキュアオタク達は作画に明るいんだろう…
 年配層が多そうな印象がある。年配といっても30〜40付近だけども。
 
 4クール作品で作監の個性が出やすくてシリーズが終わっても同じスタッフの参加率がそこまで変動しなくて何年も通して見てるとそうなるのかな。深夜アニメは三ヶ月でさっさと終わっちゃうし総作監で直されてわかりにくいし、的な。
 プリキュアオタクがイイ意味で一番気持ち悪いあるべき姿のヲタクだよね。






 関係ないけど、今月?出るヤングエースにこんなのが載るとか。
 買おう。
 
 鶴巻さん顔のアスカいいね
 
 





あ、ヤマノススメ届いた。
まだオリジナル話数見てない。
楽しみにとってある。

 srntsrn rtnsrtn

山本さんと松尾さんがおそらく選んだであろうこのBD特典の設定資料だけど、キャラ設定じゃなくて各話の私服設定とか小物設定しかない。
なんだけども、キャラ設定よりも松尾さんの描くキャラが色んなパターンで見れて凄く良い。
キャラ設定は前にどこかでやってた展示の時にちょっと見てたし、ちゃんと見せたいものを選んでくれたんだな、って感じがすごくする。
各設定にお二方のコメント付き。全部で12枚。

 



日記でした。

おわり。
プロフィール

Author:kanrinin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。