スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィック・リム見た。


パシフィック・リムをやっと見た。

期待してたわけだけども凄く面白かった。

巨大ロボットが怪獣と戦うってのをハリウッドのスケール感と大画面で見れることでもう満足感がある。
最初のロボットの起動シーンからもう凄くかっこいい。
頭部に搭乗者が合体してロボットが動くのがマジンガーっぽい。
LCLっぽいのもスーツに注入してる。
シンクロ率とか色々エヴァっぽいけどこの監督、エヴァを見たことがないってのが驚き。
ロシアのイェーガーのマスクがまんまボトムズってのもね。

発進シーンから雨が降ってて機体に当たる雨の感じとかもかっこいい。
あとね、ロボットアニメのオマージュが結構はいってる中でも話の展開として入ってるのもあった。
電磁波を出すカイジュウのせいでシステムが全てダウンしてしまった後に動けるイェーガーがいない!どうする!?
って時にやってくるのが原子力で動くジプシーデンジャー。
この展開、ジャイアントロボで見た!!
シズマドライブが停止した中で唯一動けるのが原子力で動くジャイアントロボ!っての熱い。

でも全面的にロボアニメのオマージュでやってるわけじゃなくて、正直オマージュでやってるのかも怪しいくらいの感じがさり気なくていい。
ギレルモ監督もどのロボットにもよらないようにかなりの数の案を出してもらってその中から選んだらしい。
デザイン的にはロシアのイェーガーが好き。顔ないやつ。
スタドラに出て来るヘーゲントに似てる。

だけどそんな強くないっていう…
中国の三兄弟のも手が三本あるのをそんな上手く活かせてない感じだったし…

カイジュウとは互角くらいの戦いできてるけど向こうは無限に敵が出てきてイェーガーは残り四機っていうのが絶望感出てていい。

個人的にもったいないなと思ったのは、尺の短さ。
この話はもっと丁寧に描くべきシーンが多いと思う。
連合国の背景とか、基地の人間たちにどういう人間がいるのかとか。
正直、壁を作ってる時に長官が来てイェーガーのパイロットになれというシーンでも、あの壁の中ではひどい扱いを受けてるけど実は優秀なパイロットだった、とかの見せ方したほうが見栄えすると思う。
多分そんな尺はないんだろうけど。

ブレインハンドシェイクのくだりももっと掘り下げてみてみたい内容だった。
あの生い立ちとかは2、とか3で出て来るのかな。
2はもう脚本の執筆してて3まで作る予定らしいから。
楽しみ。


ロボットのギミックに関するものももっと見たいと思った。
アイアンマンとかはこれでもかってくらい機能を見せてくれるんだけど、イェーガーももっと色々見せて欲しかった。
成層圏外でのブレード出すとこはカッコ良かったけど。

あと、ビッグオーみたいな感じのを腕につけてるイェーガーとかも見てみたかった。
排莢したら薬莢が地面に落ちて電話ボックスがひしゃげるとかのカットとかあってもいい。

 結構熱いロボット物なので、ここは流背で付けPANの方がかっこいいよな、とか、ここハーモニーで、とか色々思うとこはあった。
 杉田智和の声量ももっと出るとよかったんだけど…
 ちょいちょいギャグに聞こえてしまう。
 
 あと二人でシンクロしないといけないって部分の重要性が後半に連れて薄くなってくように感じたのもちょっともったいなかったかな。
 色々掘り下げられる設定があるのに全部やってたら6時間くらいのものになりそう。
 
 



特撮意識してるようなカットもあった。
芦田愛菜ちゃんが出て来るとこはセットで撮ってるぽいんだけど、凄く作り物っぽい。
わざとやってるんじゃないかと思う。
あそこだけ異様な感じしたし。

リアル・スティールを一瞬思い出すような感じだった。
あれはあれで最後手動制御に切り替えたら強くなると思ったのに全然そんなことはなかった、みたいなちょっとした残念さがあったけどリムも似てる。

それでも凄く面白かった。
トランスフォーマーとアベンジャーズとインデペンデンス・デイを足して割ったような感じ。

その辺好きな人は見に行くといい。
満足できる作品になってます。


おわり
スポンサーサイト
プロフィール

kanrinin

Author:kanrinin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。