スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買ったもの。

最近買ったもの。














gohansだから買ったというか、内田さんキャラデってどんな感じなんだろ、と思って買った。
860円で30分のOVAが買えるのは安い。

他のごはんずのメインスタッフの名前調べても出てこない時点で何となく察しはついてたけど、
内容的にそんなに作画がすげえとかそういうのではない。
でもキャラが可愛いです。
なんか内容はほんとToLOVEると遜色ない内容。

うっかりスケベ的な内容で強引にエロい展開に持っていく系のやつ。
でも、エロアニメってなんか撮影とか色彩が結構適当で可愛く見えないとは思ってたけど、このレベルでアニメにするとぜんぜん違うな、と思った。

色々とおかしいアニメなのでエロいアニメが見たい人は是非。
特典がついてるBD版も出てるようなので、そっちでも良いのでは。

俺がこれをまた再生することは…あるかなー…








本屋行くと何かないかと新しい漫画を探してしまうのだけど、パテマはちょっと良さそうだった。
というのもまだ最初の数ページしか読んでいない。
漫画描いてるのが、toi8さんでこの人の絵が結構好きなのでそれを漫画で読めるのがいいなぁと思って買った。
でも漫画のコマ割りが少しまだ不慣れなのかな?とか思ったり。
ちょっと読みづらさを感じるとこがある。

アニメの公開がもう少しだけど見に行く前には読んでおきたいなーとか思っている。

関係ないけど、この前アニメを見た東京マーブルチョコレートも、アニメとのメディアミックスでコミカライズ的なものをやってて読んだ。
前日譚みたいな話になってたんだけど、内容としてはその漫画のほうが面白かった…。
ベタな話なんだけどね。
アニメの方は話もそんな好きではないし、構成とか見せ方もどうなの、という内容だった。
カット割りとかそういうのは結構いいところがあったのだけど。

パテマはコミックの方とアニメで多分全くの別物なんじゃないのかな。
同じ主題で違う話描くみたいな感じ。
ちょっとまだ読んでないからわかんないけど。

パテマの前にイヴの時間も見ておこうかな。

吉浦さんがどういうの作るかあんまり知らない。
アニメミライはどうなんだろうかね。





ニセコイは前から買ってたので。
作者の古味さんが好きなんで。
前にジャンプに読み切りで書いたキャラがニセコイにも出てきてたりする。
単行本化とかしないんかな。
その読み切りが載ってたジャンプを今でもとってある。
なので「大きくなったなぁ」という感慨深さがあったりするのです。


でもニセコイは本来の古味さんらしさがあんまないような、とか思ったりもする。
ダブルアーツの方が断然古味さんぽい。
今のは結局ラブコメに徹してて、「自分の思い描くラブコメ像」でしか描いてない感じがすごくする。
そんな時「ニセコイは全く目新しい設定がないのがいいよね!」と知り合いに言われ、なるほど、とか思った。
でもキャラが可愛いからいいのです。

マリーが可愛いです。









毎日聞いてる。
限定版を買った割に特典CDを聞かない、という。

たむらぱんのジャケットでも良かったんだけど、アニメ見て買ったんだからアニメのジャケットじゃなかったら意味ないよなーとか思ってこっちにした。
たむらぱんの買うんだったら正直iTunesで買っても変わらないし。

特典のCDそのうち聞きます。


主題歌自体は60回くらいは聞いた、と思う。



こんなもんで。

おわり。
スポンサーサイト

まどマギ叛逆の物語とドキプリ映画見た。










まどマギの映画見た。







原画を厚紙に印刷したものを貰った。

べべ。


話に関しては、色々思うとこはあった。
他でも書いたけど、構成が急展開につぐ急展開で頭がおっつかない。
なんというか、虚淵さんは映画のシナリオ書くのははじめて?なのかな。
こんだけ展開盛り込むとテレビシリーズならまだしも映画だと窮屈に感じる。
話が面白い面白くないに関わらずただ「失敗してる」とは言える。
終わりかと持ったらその後何回も新展開あるのはやめて欲しい。
映像は面白いけど溜息ついてしまう。

もったいないなぁと。
これだったら前後編にして分けたほうがマシだった。
合計で四本映画やられても見に行くのがめんどくなるだけだけど。

もっと尺があったら一息ついて話もわかりやすくなる気は少しする。
テレビのシリーズ構成は上手いんだけどな。
映画にするときはそれなりに構成の仕方は違うとは思うんだけど…

それと、主人公が誰なのか、っていうのも見せ方がよくない。
テレビでもモヤモヤしたけど、10話以前と10話以後で変わってくるからそれは別にいい。
でも結局ほむらの話しでしか無いのに、最初からそう描かないのがしっくりこない。
テレビだとちゃんと群像劇になってたのに、今回は結局ほむら一人の話なのでは。

あと話もごちゃごちゃし過ぎだよね。
実は魔女空間の中でした、とか円環の理がどうのこうの、とか。
まどかを捕まえたところで、同じ立場の悪魔ポジションで力を得る方法ってのもよくわかんないし。
悪魔になったから何がどうなったのか、誰が救われて誰が救われなかったのか、ていうか魔獣ってなんなのか。
そういうのがさっぱりでした。
尺が足りません。





でもアニメとしては華やかで面白かった。
魔法少女モノっぽさを存分に描いたシーンを最初の方に見せてくれるんだけど、制作者が考えてる視聴者が期待していたはずのものってこういうふうなのか、と思った。
変な歌とかダンスとか。


画面も横長の、シネスコ?なのかよくしらないけど、横長で、そのサイズを計算したような遠景のカットとかあって劇場感は出てた気がする。

あとエンディングは鈴木博文さんが一人でやってたね。
新房さんとコゼットでやってたから?それくらいしか接点を知らない。

マミさんとほむらの銃撃戦はカッコ良かった。
カットバックとエフェクトくらいしか覚えてないけど、もっかい見たい。

あとさやかが結構重要ポジションにいるのがよかったね。
前のさやかからかなり大人っぽくなったというか、馬鹿キャラじゃなくなった。
言うこともマシになった。

魔女化して戦うとこかっこよかった。
あと杏子と共闘して喋ってるとこよかったね。
こういうので一話分使って話が見たかった。

また少し他の人の感想とか見ながら暇ができたら見に行くかどうか。
パテマ、かぐや姫とか上映する前に見れたら見るって感じかな。





それと。






rsthrhsr





ドキドキプリキュアの映画も見てきた。
今でも見るときにこんなの見に来てもいいんだろうかとか思いながら見てる。

まぁ結論から言えば、普通でした。

作画的な盛り上がりもそんななく、最後の必殺技が濱田さんなのか志田さんなのか、とかそのくらい…
来てた面子は志田さん濱田さん美馬さん八島さん、くらいしか覚えてない。
作監は青山さんで、冒頭の方とか青山顔してるキャラがいた。

DX2見てないんだけど、今回戦闘にCG使ってた。
でもかなり馴染んできてて使い方うまいなーとか思いながら見ていた。

どうでもいいことだけど、キュアダイアモンドってスカートの中スパッツなんだっけ??
CGパートだとスパッツはいてた。
CGとセルで設定が違うなんてことは割とある。

あとちょっと笑ったのはあの「愛」って書いて「まな」って読む名前を考えたのがばあちゃんだってこと。
老婆が「まな」って名前をつける時代になったか。
世も末だわ。

なんかちょっとだけサーカスっぽいことしてるカットがいくつかあったけど、もっと長めで見たかったな。

そのくらい。
ここ最近の東映映画では結構な作画敵見どころがない映画だったような気がする。
話はつまんなくなかったので全然構わないけど。

前半で四人がお茶しながら「誰が一番早く結婚すると思う?」「意外とマナが…」「いや、まこぴーだよ!」
みたいな女子トークしてんのが可愛かったです。
ありすが65歳のおっさんからお見合いの話が来てるって話が好きです。


あ、あと忘れてた。
一番驚いたのが、キュアハートの血の描写。
獣に噛まれて牙が身体に食い込むカットがあるんだけど、その時に血が出る。
顔とかまで飛び散ってるんだけど、「プリキュア」って作品で血の描写って初めてじゃない?
間違いなくテレビでは流せない。
劇場だったからできたわけだけど、これテレビ放送とかするとしたらどうするんだろ。
これが作品的にOKが出たのがかなり意外だった。
どうにかして他の方法で血の描写を回避することも出来たのでは、とはおもうけど、これは監督とかがかなり強く言って通したとかじゃないかな。そうでもないと許可下りない気がする。
心の痛みを実際の痛みに視覚化すると一番効果がありそうなのは血ってことなのか。
うーん。ちょっと心の片隅においておこう。


あと他のブログの感想見て思ったけど、あぐりの扱いが適当だったってのは確かに思った。
持て余してたよね。
過去を描くわけにはいかなかったのかなんなのか。
結婚式のシーンでマナが結婚するくらい、というと26とか?の時にあぐりが制服着てたから高校生かな。
いくつ離れてんだろ。
扱い適当だったけど、基本メインがマナだからそんな気にならなかった。

あと、結婚式がどうのってサブタイにも出てるのに、あんま話に関係ないってのもちょっとある。
でも前情報仕入れないでいくとそんな違和感はない。
でもサブタイにそれっぽい単語が並んでるんだからもっと結婚がどうのこうのって話の流れにしないと期待してた人を裏切ることにはなるよね。
最初だけそんな話だったけど本筋にウエディングドレスは全然関係ないからなぁ。
まぁいいや。

そんな感じです。
「映画ドキプリ」が見たい人が見ればいい感じ。


映画館にプリキュアの血を見に行こう!





おわり。
プロフィール

Author:kanrinin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。