スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルウィッチアカデミア・アニメミライ展に行ってきた。




先日、秋葉原に行き、リトルウィッチの個展を見に行きました。
リトルウィッチの生原画が展示してあったり、2014年上映のアニメミライの原画、動画の展示もあったりかなり熱い内容となってました。
 
securedownload[1]

2011、2012のDVDやリトルウィッチのBDも売ってました。
2011は見たことあったけど持っていなかったので即買い。

まだ見てないけどそのうち見ます。




原画大体展示してあることにはあるんだけど、堀さんの見たかったなー、とか…
いや、趣旨が違うのはわかるんだけど…





立体的なパネルの展示は見栄えはいいですね。
ディズニーランドにあるプーさんのハニーハントというアトラクションでも絵本の中に入るという演出でこういうパネルがいたるとこにあったのを思い出します。
L/O原図を奥のスクリーンに投影して、手前の透過スクリーンにキャラの線撮を投影して組み合わせる上映方法でアニメの仕組みを紹介してる展示は面白かったですが、こういう展示方法以外にもパネルを使った展示方法で紹介してたり微妙に内容がかぶっているのが少し気になったりしました。
 
 それなら、L/Oをすべて展示し、そのL/Oにどう修正が乗って、どう原画に変わったのか、を展示する方がかなり有意義かと思うのですけど、そういうのはなかったですね。
 でも面白いL/Oがひとつ。





LWA_ten_ (34_5)
LWA_ten_ (34_6)
LWA_ten_ (34_7)
LWA_ten_ (34_8)




 
 このL/Oはこの段階では担当アニメーターが描いたそのままの絵になっていますが、原画になったときにほとんどのモブが描き換えられています。吉成モブに…
 いかに吉成さんが修正を入れているのかがわかるカットかなと思います。















LWA_ten_ (28)

LWA_ten_ (29)

LWA_ten_ (30)




吉成さんの修正が見たかったんですけど、そこまで多くなくて、パネル展示の原画が並んでいるところに修正が何枚か混ざっていました。ピンクの修正紙がリトルウィッチでの吉成さんの紙のようです。
 ここのカットのエフェクトはたしかすべて吉成さんの修正だったように思いました。










LWA_ten_ (38)

LWA_ten_ (33)

LWA_ten_ (37_5)


 各原画の下には担当者を紹介するパネルがあり、吉成さんのコメントがありました。このコメントに関してはリトルウィッチアカデミアの内容も扱っていた「トリガーナイト」とそんな変わらなかったです。




LWA_ten_ (42)

LWA_ten_ (43)



 他には美術の生原稿がありましたが、パブロの美術すごく良かったですね。
 発色もいいし、やはりアナログの紙に書いてある美術は素晴らしいです。
 なんか最近デジタルの美術を見ることが多いので、キャラが美術に乗るとあまり気にならないですが、デジタルはのぺっとしていて苦手です。
 アナログの美術はそれを見ているだけでもすごくいいと思えるのが楽しいですね。見ればわかりますが、吉成さん調の塗りをしているのは吉成さんが先に先行してイメージボードを描いていたようで、それも展示されてました。それはコピーっぽかったし、一点しかないのが残念…。


LWA_ten_ (44)

 
 それと奥の方のスクリーンに隠れてひっそりとリトルウィッチアカデミア2の新ビジュアルも大きく貼られていました。
 アッコが泣きながらアカデミア追い出されてるのが気になる…
 キルラキルにあんま参加してないと思ったらちゃんと作業進んでるんですね!




 


 そのあとに中央の部屋に入るとアニメミライ2014の展示がありました。





LWA_ten_ (45)



 なぜかアニメミライ2013のデス・ビリヤードの展示もありましたがなぜかはわかりません。








LWA_ten_ (53)
LWA_ten_ (52)

LWA_ten_ (50)
LWA_ten_ (54)



LWA_ten_ (56)
LWA_ten_ (55)



LWA_ten_ (58)

LWA_ten_ (57)







 各社作品ごとにキャラデザやその他設定、原画などの展示はありましたが、その中でもパロルのみらい島の展示がすごく良かったです。小さなテーブルが置いてあって、原画と動画全部を束ねたもの(コピー)、亀田さんの作監修正集が無造作に置かれていました。その量がすごく多く、特に亀田さんの文字の書き込みが面白かったです。これは是非見に行ってもらいたいですね。














LWA_ten_ (72_5)

LWA_ten_ (72)

こういう描き込みも行き届いてていいですね。












 原画もすげえよかった…全部写真撮ってきたかった…
 全部写真撮った人、ご一報ください。

 なんかリトルウィッチもよかったけどこの原画見るのが一番楽しかった気がする…
 
 中学校を改装した会場だったのですが、一歩会場の外の廊下を出るとほんと中学校のままでこういう利用方法もあるんだなーと思いました。水道とか階段とかそのままでなんだか懐かしいです。
 この展示は27日まで?あと明日しかないので、行きたい方は明日有給とって行くことをお勧めします。





 秋葉原、ということでアニメセンターののうコメ展にも行ってきました。
 この展示もすごかった。



LWA_ten_ (13)
LWA_ten_ (7)






 何がすごいのかというと展示してある原画、修正レイアウトすべてが生原画な上に壁にそのまま適当に張り付けてあるというキチガイっぷり。さすがに設定はコピーでしたが、展示の後捨てる気しかなさそうな展示方法でした。OPのあの逆立ちカットも全部固めて生原画でした。パラパラされまくっててボロボロになってたけど…
 実際動画までしてしまえば最悪原画はいらないにしても、もう少しいい展示方法はなかったものか…リトルウィッチの厳重具合を見習ってほしいところです。個人的にはうれしい展示方法ではある。

 



 その中でも時におもしろかったのが、動画机。(上記の写真はネットで拾ったやつです)

 ディオメディアから持ってきたであろう机がそのまま置いてあり、自由に見ていいといいうことだったのでカット袋をあさりまくっときました。これだけ大盤振舞の展示方法はなかなかないです。
 去年見たACEでのA-1picturesの原画机はそれなりに整理してありましたが、こっちはほんとにスタジオにあるような汚さがすごくリアルで笑いました。
 

リテイク表とか、動画の心得的なものが貼ってあって、動画まで済んだカット袋が置いてあるってことは、これは動検の机っぽい気がする。
ちゃんと透過台のスイッチを押すと電気がつくのがいいですね。
カット袋がそのまま見れるのもとてもいいです。
中には、上から動画、原画、L/Oが入ってるんだけど、レイアウトはホッチキスとかで閉じてなくて紙で挟んであるだけだから取り出して見れる。一番この展示でしか見れない、という価値があるのはL/Oとその修正ですね。
 そのあとのはほとんど画面見るのと変わらないですし。



 全部は見てないけど行ってみたら中のL/Oを見ることをお勧めします。
 修正集は修正しか見れないけど、すべてのセットがそろって見れる機会は一般的にまずないです。L/Oではこう描かれていてそのあとに演出修でどのように変更されてそれを見た作監がどのように修正を入れてきてどう原画になったか、まで見るのはめったにできないのでこの機会に是非見てみましょう。作監の素晴らしさがすごくよくわかります。それと演出が普段どんなことをしているのかもわかることができますね。カットによると思うけど総作監修正も入っているのでそれも見ておくといいかもしれないです。普段エンドテロップで見ている名前の役職の人がどういうことをしているのか、を見ることができます。
 是非是非。
 

LWA_ten_ (5)
LWA_ten_ (4)
LWA_ten_ (2)
LWA_ten_ (1)
LWA_ten_ (3)
LWA_ten_ (10)
LWA_ten_ (9)


「修の修」って走り書きする人が多いんですが、この書き方も雑すぎて面白いですね。


LWA_ten_ (12)
これはかなり究極。
二本の棒にしか見えない。



LWA_ten_ (14)
「修の修の修」





 なんか奥の方ではPA作品やディオメディア作品のムック本とかが置いてあってなぜかのうコメの原画集(同人誌)が売ってたり、問題児の原画集(同人誌)も置いてありました。同人誌ってこういうところで売っていいんだっけ…。
 ムック本中身れるのがいい。ぎんぎつねの原画集も中身れてよかった。ぎんぎつねのは原画よりもBG原図が見れるのがいいですね。美術よりBG原図の方がいいです。
 PAのムックって大抵最後の方に少しだけ原画画のってたり修正集がのってたりするようで、劇場版いろはの原画はいいところが載ってましたね。踊ってる二人とか叫ぶ皐月、走り出す皐月とかの上手いところばっかり載ってた感じはしたなぁ。タイムシートないし小さ目で掲載されてるから見にくくはあるんだけども。

 そんなところです。
 どっちも無料なので、家からの電車賃で原画見放題だと思えばかなり得した気になります。
 パロルの原画は是非是非!必見です。

 明日、27日の午後5時まで!是非!
スポンサーサイト

劇場版アイドルマスター 輝きの向こう側へ を見た。

w580[1]



アイマス映画を見た。
なんか面白かったような気がします。

テレビシリーズの延長といった感じの演出がどこか落ち着きます。
冒頭にいつもの劇中劇があって、という構成だけどこの劇中劇が普通に面白そうなのがいつも良いなぁと思う。
でも作ったらそんなに面白くなかったりするのかもしれないし、このままが一番良さそうな気もする。


画面の構成。
同じ画面に映っているときほどその登場人物同士が繋がりあっている、というカット割りになっているような気がした。
最初の方は全く同じ画面にグリマス勢と765プロの面子が入ってこないが後になって話すところだと一緒の画面に入ってくるようになる。それは、春香とプロデューサーとの会話でもそうだし、伊織とあの子の会話でもそう。
そして最後は全員が同じ画面に入り、列に分かれず、全員が渾然一体となって画面に映し出される。そのカット割りを見ていると少し感心させられるなと思った。
こういう演出はそのまま印象に残りやすいし、意味のある演出のように思えた。


冒頭の河野さんパートの後のやよい?の棒術で柱が折れるとこ、すごくweb系っぽい。べた足で地面からあんまり足はなれないではしるのとか。真四角ののっぺり破片とか。

最後のアリーナに試しに行ってみるとこの千早はすごく錦織さんの修正はいってる感じした。
あと、飴を食べてるあの辺のカット異様だったなぁ…。
足と手が大きすぎるように見えるし、妙に浮いてるからなあそこだけ。
多分まじろさん。
ばらかもん1話アバンとか同じことやってる。
違ったらすんません。

話に関しては、まず、春香がなんであの子のことを信用するのか、なぜ辞めたいと嘘をついていると思うのかって根拠を出して話を進めないと共感できない。
多分、この話のキモはいかに春香に共感できて、説得のシーンに持っていくか、だと思うんだけど・・・なんというかそこだけが失敗してるんだよなぁ。
 春香に説得力さえ持たせることができればこの話はすごくいいものとなるはずなのに、そこだけできてないので全体が締まらない話になってる。もったいなさすぎます。
 昔、春香も同じことを思った、とか、「あの仕草は嘘ついてる時のくせ!」みたいなやつとか。テレビシリーズでの思いが今回のことを気づかせる要因になったってのだったら、それはすごくいいと思うんだけど、そうじゃないし。そこで、千早がなんか思って、それで母に手紙を出そうと思った、とかだと尚いいと思うし、あのエピソードもただの後日談にしかなってないと思う・・・。
 
 それと、Pの海外留学?も話に全く関係なくてね。もったいないよね。
 なんか追い打ちかけるような演出にできなかったのかな。これからはPがいないから頑張らないと、みたいなそういうの。帰ってきたドラえもんではないんだけどさ。
 アイマス2のゲームでは海外行っちゃうから話が先に進むのに、すごくもったいない感じがする。
 まぁ、でもPはこのアニメの位置づけとしては、先生みたいなものだからこれでいいのかな。春香は少しだけ先生に憧れてる生徒、みたいな感じ。アニメとゲームは別だけど同じ展開を入れたなら少しくらい話にかかわらせてあげればよかったのにな。と思った。Pが空気すぎる…。

 でもこれだけ人数がいればしょうがないのかもしれないけど、美希、春香、千早、伊織、以外の出番が皆無ってのもなぁ。いや、これは無理か。無理やり全員出したら破綻するし。
 
 なんか個々のエピソードが結構バラバラで、まとめきれてない感はあるなぁ、と。
 
 あと作中で何回も言っていた、「後輩組がハードなダンスでついていけない」というくだりなんだけど、結局ライブシーンを見てみるとハードなダンス一切やってない!とかそういうのはよろしくないと思いました。あれはやっちゃいけないよね…。説得力がそこには絶対なくちゃいけない。そこに作画の力を振れなかったって言い訳は効かないし、時間がなさ過ぎて出来なかったとかだったらそれこそCGでもいいから差し込むべき。両手を挙げて叩いてアリーナ走ってるだけとか俺でもできる。
 本来やるべきかっとがあるのだったらBDで修正してほしい…。
 ないんだったらいいけど…。
 
 あと曲も5分30秒のものを作るのであれば、一曲を短くして、二曲やった方がよかったなー、と。
 なんというか、あそこはカメラワークを使いたいだけの時間にしか見えなかったというか。
 間延びしてる感はある。
 個人的に見たかったのは、本当のライブで見るようなカット割りとか、アップのカメラが動かないものとか、そいうのだったからそこで逆にアニメでしかできないようなカメラアングルしてどうすんだ、と。あんなクレーンあるか!とか思ってしまった。
 曲の出だしはすごくかっこよかったんだけどね。
 あとCGっぽさが残りまくってたので、作画としてあんまり見れなくてうれしくないという。
 まぁ、ライブを見てる!って感じはしたんだけど、やっぱりカメラワークが自分をこれが二次元だという現実に引き戻すんだよなぁ。
 構成的に最後の5分半するんだったらやっぱりダンスは必要だったなぁ。。。
 うん。
 ちょっと色々ともったいなかった。でも楽しめたといえば楽しめたのでこれはこれでいいです。
ということでした。

 


 ※という日記を半年前に書いたのをちょっと文章足してあげ直しておきます。2014年8月22日。

かぐや姫の物語







かぐや姫の物語を先週見ました。

号泣でした。

なんかね。
音楽聞いただけで涙でてくる。
主題歌もいいし、月からの使者がくるところもいい。
琴の曲もすごくいいです。

背景と原画と音楽の一体感は相当なものでした。
原画と美術が同化しててセクション分けされてないように見える。
こういうすべてが渾然一体としたものこそ最終的に目指していくアニメなんじゃないかと思った。

ドキュメンタリー見ても思ったけど労力半端ないよね。
着物の柄とかも全部手書きで動いてて尋常じゃないなと思った。
撮影でハリコミじゃないのか!

橋本さんの桜の下での演技も、普通の原画に、髪のセルが二つ、塗り線動画の作成とか考えるとセクション分けされてはいるものの、単純に作業量が4倍かかってるというのはちょっと正気の沙汰じゃない…

これだけでもものすごく時間かかっているのに、コンテ作業に入るまでものすごい時間かかってるってのも8年かかる訳だったんだろうなぁ。
実際、コンテが上がったのが2013年3月らしいので、実質作業期間が8か月ってすごいな…
作業期間で一番時間を食うのはシナリオやコンテってのはまず間違いないよね…コンテを早く上げないのは罪だと思う。


時間もかかって金も使ったかぐや姫ですが、作風の印象とは違って観客を笑わせようとする意志があってよかったです。
琴を弾き始めたたけの子がみるみるうちに上達してちょっと目を離したすきにアップテンポな琴を弾き始める辺りとか、女の童(めのわらわ)の存在とか、偽の宝を持ってきて支払いをしてないためにバレる下りとか。宝を持ってこさせる時の各大臣の対応も面白かったです。描き方がギャグ調なのがいいよね。

 そういう部分も、どこか邦画の実写を彷彿とさせるカット割りも含め、この作品は高畑さんの集大成なのだなと思いました。その配分が素晴らしいなぁ、と。

 コンテに関してなんだけど、顔のアップを多用しないのって実写的だと思うのね。気のせいかもしれないけど。
 そういう部分で安易なカット割りにしないところがいいな、と思う。それが好きかどうか、効果的かどうかはまた別の話だけど。
 画面に向かって歩いてくる人物につけてTBしてくるとこを背動で進んでくる部分や、空を飛んでる人間の目線のCGのカット等、アニメで避けがちなカットを容赦なく入れてくる妥協のなさが素晴らしい。長い時間かけてこれほどのものを作ったのだと考えるとそれだけでも凄い、って思ってしまう。
 
 
 この作品はセルルックでやり通してる作品だからか、直接「ただ単に凄い」って言えるシーンやカットが多い気がする。
 PVにあった橋本さんの桜の下で舞うかぐやのカットは凄いの一言につきる。
 しかもその割り振りが凄くいい。
 今まで溜めてた気持ちや感情が一気に出るときに凄い作画の力で押されるとね。もうね。泣きますよね。
 表情や躍動感が説得力を出すとはいえ、ここまで「動く絵」で感動できるって素晴らしいことですよ。
 作画ってすごい。
 松本さんの衣持ってはしゃぐところも「はぁぁぁぁ」っていいながら見てた。
 
 捨て丸が空飛んだ後に立ち上がって息子のところに向かうしぐさむっちゃ上手かったね。
 空飛んだとこが橋本さんならそこもなのかな?

 あと、雉を追い込むときに崖に向かって走るたけのこの曲がり上手かった。
 
 
 作品の内容についてですが、号泣したとはいえ、この話は人を選ぶのかなとは思います。
 なぜかというと見た人はわかってると思うけどバッドエンドみたいな終わり方だから。
 かぐや姫が羽衣を纏った瞬間地球でのことは忘れて月に帰ってしまうわけですが、やっぱり忘れられなくて静かに涙する、という終わり方。
 だけど、この終わり方は誰しもわかって見ているはずです。
 中学生のころに嫌でもやらされる内容ですから。
 だから自分は普通に感情移入して見られました。
 描き方がとても丁寧ですっと物語に入り込める話の流れづくりは完璧です。
 というのも、この話の根底には「ハイジ」があるってのは見てて気づくでしょう。
 ロッテンマイヤーさんのとこにいって夢遊病にかかるハイジが山へ帰る下りとまったく一緒。
 結局その後ハイジが月へ行ってしまう、みたいな話がかぐや姫。
 むしろ、話がすごくわかりやすくて入り込みやすいのに、あんまいいと思わなかった人ってのは逆に「ハイジ」すぎじゃね?って人か、バッドエンドが気に入らなかった人なのかな。
 個人的にはバッドエンドも悲壮感が残って好きだけども…

 捨て丸のしれっと不倫するくだりはどうかと思いました。 


 
 今年見た(去年公開だけど)映画の中でトップ3には入る気はします。今のところ1、2争い中。
 これは必ず劇場で見るべき!!
 まだ公開中なので是非!!
 
 
 おわり  

2013年MAD


2013MAD_part1 投稿者 dm_50788c8fc99ac




2013MAD_part2 投稿者 dm_50788c8fc99ac





去年も一応作ったけど今年も作りました。
12月の10日くらいから作り始めたのでちょうど2ヶ月かかりました。
遅すぎですね。

1本にまとめようとは思っていたのですが、どうしてもまとまらなかったのでこんな感じに。
なんか似たパートを集めたのは、去年1年で好きだったパートを集めた素材の中から似た場所を寄せただけです。
だからわざと似た場所を抽出して集めたわけじゃないという。

去年作った年MADと比べると少し好きなものの傾向が変わったような気はする。
年MADは今年誰も作らないのね…
去年のMADをこの前見返してたのだけど、他の人の年MADと被ってるパートがひとつしかなくて、これだけ数集めても好きな場所って被らないもんなんだな、と驚いたので、他の人が作ったものも見て見たかった。
ちょっとMADブームも沈静化してきたということかな?

パート当てをしなくていい年MADで2ヶ月かかったんだからちゃんとしたMAD作るの1年くらいかかりそう。
無職時代に暇なのに3ヶ月でできたのにな…

近藤高光さんの作りたい…いや、もうネットに上がってるのひとつあるけど…
あとやっぱ大田さん…

とりあえず画質がいいものを作れる環境を揃えたいです。
引っ越してしまって物理的にもう作れる環境ではなくなってしまったので、お金が溜まってwindowsのパソコンを買って映像を取り込める様にするとこまでするのに多分一年はかかります。
次何か作るとしたら1年後かな。

近年のTVアニメーションCGの発展によって見ごたえのある映像が増えたので、これは何度か見たい、と思うものも格段に増えました。
なので、そういうのを集めたCGMADは一度作ってみたいです…。
OLMとかオレンジとか、サンジゲン、サムライピクチャーズ、東映デジタル部あたりが目覚ましい感じはしますねー
タツノコのプリティリズムのCGもすごいよね。
1年後につくれるといいなー



あと、ちょっと言い訳をば。
これね、ちょっと夜桜の12話とか有頂天の12話とか、黒子とか入ってないんだけど、夜桜は放送見た後あんま見返してなくて編集終わった後に見返したら「あああ」ってなった。
有頂天は割と見たのが最近だったので…井上さんのところ、少し入ってるけど、あれはあれでどこを入れればいいのかわかんなかった。黒子のOPとかもそうなんだけど、演出とかっちりはまった作画とかだと正直ピンポイントで抽出しづらいのよね。あと全編通して上手い時に一点だけ抜き出してMADに入れると、なんでここだけ抜き出したのか、っていう理由付けが必要な気がして…チキンです…
 あと井上さんのはあんまMAD向きじゃない…
 
 続いてるパートでもカット単位で切ってばらけさせてるから一連のパートを流れで見てる人にとってはかなり見づらい編集になってるけどご容赦を。
 
 画質悪くてごめんなさい。アスペクト比違くてごめんなさい。せめても、と思って全部統一しておかしくしておきました。一応バラバラのアス比ではないです。あとは16:9に変換するだけです。やり方は知らんのです。
 
 一年分のアニメ見返すのめんどかった。
 
 そのうち、2013年の10本みたいなのやりたい…もう選んであるけど見返して書くのにまた時間が必要…




 あ、ノンクレについてはノーコメントで。



 
 おわり
プロフィール

kanrinin

Author:kanrinin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。